自然、四季の花々、心で感じるいろいろなこと
by floral_lalan
フランス田舎生活で感じた自然
や花々の美しさ、人の温かさ、
繋がり、、
これからも日々感じるいろいろ
な思いを大切に
そんな思いで花を束ねて行きた
いと思いいます。
Floral LaLanの教室は現在お休みをいただいております。
再開などのご案内はこちらのブログでご連絡したいと思います。

HPはこちらからどうぞ
Floral LaLan

お問い合わせは下記アドレスまでお気軽にご連絡ください。
florallalan@gmail.com
フォロー中のブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2010年 04月 17日

Pavot(ポピー)のコンポジション

今までみずから選ぶお花ではなかったのですが、フランスのポピーの魅力にすっかりはまってしまいました。フランスではpavot(パヴォ)と呼ばれています。
d0141376_22225954.jpg

私もpavot(パヴォ)の扱いをマスターしなくちゃ!と由美さんにレッスンをお願いし、こんなに素敵なpavot(パヴォ)を用意してくださいました♪

d0141376_22244893.jpg

今回はpavot(パヴォ)を使ったコンポジション(バスケットアレンジ)に挑戦!
由美さんカラーのボルドーとオレンジの色合わせを春らしくトーンアップしてご用意くださったそうですが、やはり洗練された色使いが光ります。
やわらかいオレンジのpavot(パヴォ)にプラム色のチューリップ、グレビリアのボルドーがきりっと引き締めていてこの色合わせ大好きです。


日本のスタイルとはオアシスセットから異なるパリスタイルのコンポジション。
まずはオアシスをセットから教えていただいたのですが、かなり大胆なオアシス使い!でも花を生け始めていくとすぐに意味することがわかりました。
花の向きや高低差の付け方まで日本のスタイルとは真逆といっても大げさではない程たくさんのことを学ばせていただきました。
作り込んだものをみせるのではなく、自然をそのまま切りとったようなスタイルに作り上げることの美しさを教えてもらいました。

いつものリビングで撮影し、アンティーク調の母屋でも撮影し、、
d0141376_22252058.jpgd0141376_2225491.jpg


お庭に出るとシンバを発見!
d0141376_22264747.jpg「シンバ、見て見て!お花どう?きれいでしょ?」


「クンクン。。」


d0141376_22272978.jpg「なんだぁ、おいしそうな匂いいしないし、食べれないならいらないよ。」




食いしん坊のシンバには興味を持ってもらえなかったのですが、母屋を背景に撮ってみました。
d0141376_2228059.jpg



石の壁にも似合うかな。
d0141376_22285577.jpg



由美さんいつも素敵なレッスンをありがとうございます!

[PR]
by floral_lalan | 2010-04-17 23:39 | フランス*花
2010年 04月 16日

フランスも桜が満開です!

家の中庭の桜が満開になりました♪ふわふわの白い花を咲かせて楽しませてくれています。

d0141376_522493.jpg


d0141376_7265438.jpg

ここ数日とても良い天気に恵まれ、家の中に降り注ぐ日差しにつられてカメラを片手に庭へ散歩に出かけています。日々刻々と変化している木々や花々、いくらみても飽きることがありません。




d0141376_5395875.jpgd0141376_5242159.jpg

オランダで買って来たチューリップとダリアの球根を植えたくて、管理人のベルトランにシャベルを借りに行くと、彼も一緒に手伝ってくれました。
いざやってみるとなかなかの大仕事。
ベルトランは庭の手入れもまかされているので、木々や花のことがとても詳しいのです。
庭師だけでなく料理人であり画家である彼はとても気になる存在!(笑)


d0141376_6595284.jpg林檎の木のお手入れは週末にJくんがしてくれました。
「木にのぼるなんて何年ぶりだ〜」と楽しそう!


この家の庭には大きなPoirier(ポワリエ/洋梨の木)がいくつかあり、今ちょうど白い花を咲かせてとてもきれいです。秋に自家製ラフランスをいただけるのが楽しみ!
d0141376_7138.jpg




d0141376_5285846.jpgd0141376_5292277.jpg

d0141376_744238.jpg管理人のベルトランが庭の手入れをしてくれたおかげで、お庭も見違え花々もとてもきれいに咲き始めました。
左上はマグノリア、右上は私の好きな八重やまぶき。フランス名はKerria(ケリア)と言うそうですが、フローリストの間ではぽんぽんジャポネと呼んでいるんだよ、と由美さんが教えてくださいました。ぽんぽんジャポネのネーミングとてもかわいい!
次は私よとばかりにつぼみをふくらませて順番待ちしているのはライラックです。ライラックもとても好きなお花なのでとても楽しみです。
ライラックの花が咲いたらまたご紹介したいと思います♪








[PR]
by floral_lalan | 2010-04-16 06:14 | フランス*生活
2010年 04月 15日

久しぶりのパリ散歩

カメラを片手にパリを散歩したのはなんだかとても久しぶりです。
朝一パリについて用事をすませ、由美さんのレッスンまで少し時間があったので春のパリを感じにチュイルリー公園へ向かいました。
d0141376_234235.jpg


フォンテーヌブローよりパリには少し早く春が来ているようで、チュイルリー公園の木々は芽生えたばかりの真新しいライム色の葉をたっぷりつけていました。
テラスやベンチには太陽の下でランチや読書を楽しんでいる人がたくさん!本当に気持ちのよい季節になりました。


d0141376_2345880.jpgd0141376_2352753.jpg

d0141376_2355587.jpgチェイルリー公園近くのお気にいりのリネン屋さんキャトリーヌ・ミュラーのお店に足を運び心満たされ、今日のメイン!由美さんのレッスンへ向かいました。

由美さんのレッスンレポはどうしても熱くなってしまうので別途紹介させていただくとして、レッスンの後は由美さんにお誘いしてもらい北マレ散策に向かいました。

d0141376_2371793.jpgd0141376_2384120.jpg

d0141376_2391224.jpgお目当ては新しくオープンしたBLANC D'IVOIRE(ブラン・ディヴォアール)
雑誌でもとっても素敵に紹介されていたのですが、実際行ってみるとすぐさま興奮状態!
由美さんも私も時間を忘れて素敵な空間にのめり込んでしまいました(笑)
3フロアーからなる広い店舗にはたくさんの商品があり、この日もとっても素敵なパニエに出会ってしまいました。由美さんも素敵なストールをお買い上げ!二人ともルンルンで店を後に、その後もおしゃれなブティックやレストランをチェックしながら北マレ散策を楽しみました。


たくさん歩いてお腹がすいてきたのでマレのボージュ広場のベンチに腰をおろし、タルトを食べながら由美さんと楽しいおしゃべり♪夕日が沈むまで楽しい一時は続きました。
d0141376_23101329.jpg
d0141376_2310383.jpg

パリにはやっぱりたくさんの魅力があるなぁ、もっと通わなくちゃ!でもフォンテーヌブローのスローなひとときも好きだしな、、ブログももっと書きたいしな、、フランス語も勉強しなくちゃいけないし、でも夜はすぐ眠くなっちゃうし、、体いくつあってもたりないよね、なんて思いながら帰ったのでした。


[PR]
by floral_lalan | 2010-04-15 10:02 | フランス*Paris
2010年 04月 15日

Special 1day Lesson

4月初旬に開催された由美さんのSpecial 1day Lessonに参加してきました。
午前中にブーケのレッスン、午後はパリのフラワーショップめぐりというなんとも贅沢な一日を過ごしてきました。
私はこの一年で「パリのスタイルをたくさん勉強したい」と常々由美さんにお願いしていて、由美さんのスタイルを制覇するのはもちろん、由美さんおすすめのフローリストのレッスンを紹介してくださったりと様々な角度からパリスタイルを勉強中なのであります。

今回由美さんが用意してくれたのは「グラフィックブーケ」。
まずは毎回美しくディスプレイされているお花達の撮影タイム。プリュリエ(梅の木)の枝がなんともいい雰囲気を出していてどんなブーケに仕上がるのがとっても楽しみでした。
d0141376_1295842.jpg

いざ作りはじめると、、
なかなか上手くいかず、由美さんにご指導していただいてこんなかっこいいグラフィックブーケに仕上がりました。いくつかのポイントを押さえるとぐっとかっこ良く仕上がるんです。驚きでした!見せるブーケを学ばせていただきました。
d0141376_1303569.jpg


レッスンが終わるとパリのフラワーショップめぐりに出発。パリにはたっくさんのフラワーショップがありますが、今パリで話題のお店、誰もが愛する薔薇ばかりを扱うお店、昔は注目されたけど今は・・・な、お店、おしゃれではないけど低価格で花の普及に勤めているお店などなど10数件のお店を効率よくまわって行きます。
メトロやバスを上手く乗り継ぐ由美さんにただただついて行く私達。普通ならお写真NGのお店でも由美さんの顔効きで写真を撮らせてもらいました(笑)
短時間で効率よくパリの花屋さんをみてまわりたい方にはとてもおすすめなツアーですよ!

d0141376_28963.jpg今回のスタートはFour Seasons George V Paris。シンプルかつ大胆に見せるのがお得意なフローリストジェフ・リーサム氏。なんとスターチスをふんだんに使った挑戦的なデコにびっくりしましたが、スターチスをこれだけおしゃれにみせれるのはすごいなーと思いました。スターチスの前はかすみそうだったそうです。

次々とまわっていくと日本で何度かイベントもされているSébastien Mengozzi(セバスチャン・マンゴジ)氏のお店に到着。店内ではご本人がブーケを作ってる真っ最中でした。思いがけずマンゴジ氏のデモンストレーションに遭遇できたのはとてもラッキーでした。ラッピングもとてもおしゃれで勉強になります。
由美さんがマダムにお写真を撮らせてほしいとお願いしてくださると快くポーズ。ラナンキュラスとライラックをふんだんに使った素敵なブーケにうっとりでした。

d0141376_1312344.jpg


今回まわった花屋さんの中で一番素敵だったのは、日本でも有名なフローリストERIC CHAUVIN でした。
花と一緒にディスプレイされている鏡や器使いがとても素敵で彼のロマンティックな世界を完璧に作り上げているようでした。お店の中にいるだけで幸せになります。
エリックのお店は店内の写真を撮らせて頂けたのですが、ネット上での公開はご遠慮下さいとのことでしたので、パリにいらっしゃる方はぜひ見に行ってみてください。とっても素敵です!
お花屋さんめぐりをしながら途中美味しいパン屋さんによったりカヌレ屋さんによったり、cafeで一休みしたりとおいしい時間もたっぷりありました。私も今はまっているSECCO(セッコ)のサブレを大人買いして大満足!

6月のツアーに参加予定のみなさま、パリのお花屋さんめぐりにご一緒できること楽しみにしています!


d0141376_1324759.jpg



斎藤由美さんのフラワーショップめぐりヴィジットのお問い合わせは下記メールへどうぞ。
saitoparis@aol.com


6月のツアーはあと若干名ですが引き続き募集中です。
詳細はこちらです。

d0141376_38573.jpg


[PR]
by floral_lalan | 2010-04-15 01:28 | フランス*花
2010年 04月 14日

ついに!

3ヶ月半の月日を費やし我が家のインターネットが繋がりました。
d0141376_047324.jpg

フランスでは物事がなかなかスムーズにすすまないと覚悟はしていましたが、インターネットをつなげること(一度契約したものを解約すること)がこんなにも大変なことだとは想像を遥かに越えた出来事になってしまいました。

今までのフランス(田舎)生活では、雪道で車がスピンしたり、雪道に立ち往生して通常15分の道が3時間半かかったり、学校に迎えに行こうと外にでたら目の前が霧で覆われ震えながら森の道を運転したり、突然電気が壊れたり、夕飯の支度中ガスがなくなりお隣の家のキッチンを借り翌朝ガス管を担いでガスを買いに行ったり、、、思い出してみればいろいろあったのですが、なんとか自分たちの力で乗り越えられたことであり、振り返ってみると笑って話せる思い出話。

でもこのインターネットの接続と、携帯電話の契約トラブルは私達の力ではどうにもなりませんでした。
そもそもなんでこんなに苦労してしまったか、、、それはプロバイダー会社の選択ミスであり、フランス語ができない→交渉できない、という理由がゆえこんなにも時間を費やしてしまったのです。

プロバイダー会社のFREEに申込をし、1ヶ月なんの音沙汰もなく、2ヶ月目に入りメールで問い合わせすると順調に契約は進んでいます。との回答。
ただ待っているだけでは駄目だとアドバイスをもらい、Google Translateを使ってJくんが頻繁にクレームメールをするとようやく事が動き出したし、今までの2ヶ月何も作業が進んでいない事が判明。この時点でキャンセルを試みるも読解不能な文章が送られて来て、もう一度FREEを信じて待つ事1ヶ月。
相変わらず何の音沙汰もないので、いつもお世話になっている由美さんに相談するとすぐベルちゃんに伝わり、ベルちゃんが直接交渉してくれたのです。
もうFREEは信用できないのでベルちゃんには解約の交渉をお願いしました。

以前にも携帯電話の解約の件でベルちゃんには3時間の電話交渉というすさまじい労力をおかけしているので、今回もまたお世話になるのはとても心苦しかったのですが、由美さんが
「頼りにされない方がベルちゃんは悲しいと思うよ」
と言ってくださり、お言葉に甘えてベルちゃんと由美さんに交渉をお願いしたのですが、、、
問い合わせするも何度も担当が違うとたらい回しにされ、その都度契約名やメールアドレスを伝え、電話口で何十分も待たされたり、こんなひどすぎる対応にも根気よく対応してくださったおかげで、無事ネットも携帯電話も解約でき、別の会社で新たに契約することができました。
私達の力では解約をあきらめて2重契約で料金を払っていたと思います。

ちょっと複雑なのは、新たに申込をした会社で10日あまりで契約できてしまったこと。。。
この3ヶ月いったいなんだったのでしょう。。。

でも改めて私達のフランス生活をバックアップし、家族のように心配し助けてくださる由美さん、ベルちゃん。お二人のたくさんの愛情に包まれて一緒に過ごせる時間はとても貴重であり、これからもずっと大切にしていきたい方々です。
由美さん、ベルちゃんいつもありがとうございます。
je vous remercie de fond du coeur pour vos gentillesse.
(由美さん、このフランス語あってますか?)

外国での生活はたいへんたいへんと思わず、その国の文化や習慣の違いを楽しみ言葉を学び、自分の国のことも愛おしく思えるよう日々生活したいと思います。

今日はとても長い文章になりましたが、おつきあいくださりありがとうございました。



[PR]
by floral_lalan | 2010-04-14 02:12 | フランス*生活
2010年 04月 13日

チューリップの国オランダへ

週末を利用して再びオランダ、アムステルダムへ行ってきました。
目的はチューリップで有名なkeukenhof公園へ行き、そしておいしいインドネシア料理を食べること!

3月中旬から5月中旬のたった2ヶ月しか空いていないキューケンホフ公園のベストシーズンを狙って向かいましたが、今年はとても寒くながーい冬の影響で例年よりも開花が遅れているらしく、まだまだ厚手のコートが手放せないこの時期は、チューリップは七分咲きといったところでしたが、十分にかわいいたくさんのチューリップ、ナルシスにヒヤシンスの花々が楽しませてくれました。

d0141376_13320100.jpg

公園の中にはたくさんのチューリップが品種毎に植えられていて、ちゃんと名前も表記されています。一輪一輪人の手で植えられ整備された公園はとても美しく、一見の価値ありです。
公園の周りにはチューリップ畑が一面ひろがっているそうですが、畑のチューリップはまだ咲いていませんでした。
d0141376_2154572.jpg

d0141376_1291523.jpg

d0141376_1294463.jpg


d0141376_5191189.jpgd0141376_1301737.jpg

フォトジェニックなスポットで私もチューリップと一緒にパチリ。
パパママが一生懸命カメラを向けている先にはとってもかわいい女の子。
チューリップ畑の前で撮った写真は私も彼女も素敵な思い出♪


d0141376_158543.jpg球根がおしゃれな瓶詰めになってディスプレイされていました。


モーヴカラーのヒヤシンス、とってもかわいくて写真を撮らない訳にはいきません!
d0141376_1571985.jpg



公園をあるいているとキラキラと輝く太陽に照らされた木々の芽吹きや花々が一層輝いて見え、自然の生命をとても愛おしく感じました。この美しさがずっと続きますように・・・
まずは身近な環境に心を配りたいと思います。
d0141376_2105763.jpgd0141376_2115063.jpgd0141376_2123089.jpg


公園を後にアムステルダムの市街を散策し、フラワーマーケットでチューリップの球根をたくさん購入してきました!家のお庭を借りてさっそく球根を植えたいと思います。上手く行けば5月頃花を咲かせてくれるはず!楽しみです♪


[PR]
by floral_lalan | 2010-04-13 02:23 | フランス*旅
2010年 04月 07日

Pâques(復活祭)ベルちゃんのおもてなし

このところパティスリーやブランジェリーのショーウインドウには鶏や卵、ウサギなどを型どったpパックを祝うかわいいチョコレートがディスプレイされています。
写真はラデュレのショーウインドウ。
d0141376_054854.jpg


フランスのご家庭ではみんなでごちそうを囲んでお祝いするそうで、いつも何かとお世話になっているベルちゃんのお宅に夫婦でご招待いただきました。ご一緒したのは由美さん、どらごんねーさんことはつみさん、ベルちゃんの息子さんのジョンベルナール。
日本ではあまりなじみのなかったPâques(復活祭)のお祝いの席にご一緒させてもらえて私達は本当に幸せです。

今日のベルちゃんのごちそうはなんと鳥の丸焼き!お、おいしそう!!!!
オーブンでじっくり手をかけて朝から仕込んでくださったそうです。
これはまだ途中段階。鳥の向きを変えて肉汁をかけてジューシーに焼いていきます。
d0141376_0543741.jpg


そしてべるちゃんのあたたかいおもてなしが詰まったいつものテーブル。
6人分のセッティングにこれから始まる楽しい一時を想像しわくわくしました。

今日の前菜は生ハムとメロンにお庭で採れたミントをそえて。春にぴったりなメニューです。
d0141376_0551171.jpg

続いてはフロマージュ・ド・テットという豚の頭から足までいたるところで作ったテリーヌ。もしかしたら癖があるかも、、と言われましたが、癖などまったく感じないとってもおいしいテリーヌでした。一緒にMAILLEのフレッシュマスタードを添えて。
初めて口にする時はお願いごとを忘れずに。。♪
d0141376_0554571.jpg


そしていよいよベルちゃん自慢のチキンロースト!!!
美味しくてほっぺが落ちてしまいそう!!!
Jくんもベルちゃんの手料理に大感激。おいしいご飯を食べている時は自然と会話も笑いも盛り上がります。べるちゃんのおいしいご飯をいつもいただいている私は、おいしい表現のフランス語はいっちょ前。
ベルちゃんの息子さん、ジョンベルナールはフランス語ビギナーレベルの私達に英語まじえて一生懸命話してくれて本当にあたたかくて素敵なご家族です。
由美さん、はつみさんのように早くフランス語ぺらぺらになりたい。。。

d0141376_0561718.jpg


続いてはフランスの食卓にはかかせないフロマージュ。
ベルちゃんセレクトのフロマージュも美味しすぎて、家のJくんうなってました(笑)
d0141376_0564638.jpg


Pâques(復活祭)ではお庭に卵をかくしてみんなで探すゲームをするそうですが、あいにくの雨。そのかわりテーブルにチョコレートを並べてわいわい選びながら頂きました。
食べてしまうのがかわいそうだとなかなか食べれないベルちゃん。なんてキュート!
d0141376_0574079.jpg


フランスの食事はアペリティフから始まり最後のcafeまでゆっくりゆっくり楽しみます。
この時点ですでに3時間は過ぎていますが、とても心地よい時間。
おいしい時間にすっかり気を良くしているJくんに、ベルちゃんがさらにすごいものを出してくださいました。
なんと1945年ものの貴重なラム酒。お友達の手作りだそうです。
d0141376_2512461.jpg


お天気も快復し、とても日差しが気持ち良さそうなのでこの後みんなでお散歩に出かけました。時は19時、まだまだ明るい空とフランス時間。
素敵な方々とご一緒する時間は最高の一時です。

ベルちゃん、今日もおいしいご飯をご馳走様でした。

[PR]
by floral_lalan | 2010-04-07 00:38 | フランス*生活